ホーム > 「平成28年度シルバー人材センター事業に関する要望」を提出しました

ここから本文です。

「平成28年度シルバー人材センター事業に関する要望」

 

東京都シルバー人材センター連合では、6月10日に都内の58シルバー人材センターの総意として、国(東京労働局)に対して「平成28年度シルバー人材センター事業に関する要望」を手渡しました。

当日は、都内シルバー人材センターを代表して 足立区シルバー人材センター菅谷事務局長、羽村市シルバー人材センター遠藤事務局長にもお越しいただきました。

要望には、法人の安定的経営のために、公益法人認定法の「収支相償」の要件緩和、制度改正等の早期実施などを働きかけることを盛り込んでおります。

 

 

東京労働局

対応者

東京労働局職業安定部 

藤村職業安定部長小林職業対策課長

古宮職業対策課長補佐、堀米高齢者雇用対策担当官

 

 

 

 

東京都産業労働局

 

対応者

産業労働局雇用就業部

矢田部雇用就業部長立石就業推進課長

北村高齢者就業担当課長代理 宮城高齢者就業担当主任

 

 

 

ページの先頭へ戻る