ホーム > 事業紹介・活動報告 > ボランティア

ここから本文です。

ボランティア

公益法人であるシルバー人材センターは、会員への就業の紹介だけでなく、地域での社会貢献に積極的に取り組んでいます。

ボランティア過去の一覧

「東京大マラソン祭り2015」

平成27年2月22日(日)、東京マラソン2015の実施に伴い、

“東京大マラソン祭り2015”が都内各所で行われ、都内シルバー人材センターの会員438名環境ボランティア”“ スポーツイベント会場での運営補助”及び“沿道ボランティアとして参加しました。

1 ボランティアの概要

主な活動内容

環境ボランティアは、メイン会場である有明イーストプロムナードで、ゴミの分別廃棄やリターナブル容器(再使用可能な容器)の回収を案内しました。

沿道ボランティアは、コース沿いに設置されたランナー応援イベント会場のうち23ヵ所で、観客案内を行いました。

 

また、今年度は、有明イーストプロムナード(有明EP)と東京臨海広域防災公園で行われているスポーツイベント会場での運営補助を行いました。

このスポーツイベントは体験型となっており、参加希望者に対して、

参加同意書にサインをしていただいたり、スタンプを集めた参加者に記念品を渡したり、会場でパンフレットを配布する等の活動を行いました。

 

ボランティアに参加したシルバー人材センター

参加センター ・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・23センター(438名)

  @環境ボランティア ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2センター(72名)   世田谷区・中野区

  Aスポーツイベント会場での運営補助・・・・・ 2センター(52名)   江東区・武蔵野市

  B沿道ボランティア ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20センター(314名)  千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・墨田区・目黒区・大田区・豊島区・北区・荒川区

                                             板橋区・葛飾区・江戸川区・武蔵野市・三鷹市・日野市・清瀬市・西東京市・東久留米市

 

<@環境ボランティアの様子>

有明EPの財団テント前に集合し、ボランティア活動前に、改めて活動内容や注意事項を確認しています。

(写真は世田谷区の会員さん)

有明EPには、常設ゴミ箱のほかに、白い仮設のごみ箱が設置されます。

会員さんは、リターナブル容器の分別方法についてご案内しています。

(写真は中野区の会員さん)

リターナブル容器の分別方法

ごみ袋がいっぱいになったら、集積テントへ運びます。

(写真は中野区の会員さん)

<Aスポーツイベント会場での運営補助の様子>

有明EPと防災公園で行われているスポーツイベントに参加するためには、事前に、参加するにあたっての「同意書」にサインをしていただくことになっています。

会員さんは受付にいらした方に趣旨を説明し、サインをいただきます。

また、スタンプを3つ集めた方には記念品をお渡ししました。

(写真左は武蔵野市の会員さん、写真右は江東区の会員さん)

<B沿道ボランティアの様子>

マラソンコース沿道の28か所で応援イベントが行われました。

シルバーの会員さんは、そのイベントに集まる観客の方が、歩道通行者の妨げにならないように案内をしました。

(写真は北区の会員さん)

応援イベントの中には、撮影が禁止されているイベントがあります。

そんな時は札を掲げて、観客の方に撮影の自粛を促します。

(写真は中央区の会員さん)

沿道でのボランティア活動はたくさんの人が必要なため、その地域にお住まいでない会員さんも参加してくださいます。駅などで待ち合わせをし、活動場所へ移動して、祭りスタッフの方からの説明を聞きます。

(写真は墨田区の会員さん)

 

2 連合の広報活動

有明イーストプロムナードの財団テントでは、シルバー人材センターの広報活動を行いました。

 

昨年は展示のみでしたが、今年は新宿区と武蔵野市の会員さん手作りの小物等の販売を行いました。

販売には武蔵野市の会員さんにもお手伝いいただき、小物入れや布クリップ、吊るし雛などを販売しました。

シルバー人材センターではこのようなことも行っていることをご存じない方も多く、珍しげに見ていかれる方もたくさんいらっしゃいました。

 

また、今年はテレビを会場に持ち込み、シルバー人材センターの紹介DVD(You Tube用動画等)の放映を行いました。

 

その他、啓発グッズとして、シルバーくんの反射材付キーホルダーとまな板を配布しました。

広報活動にはシルバーくんも一役かってくれ、お子様と一緒に記念撮影をなさるご家族連れの方もたくさんいらして、大好評でした。

 

 

3 ボランティアに参加した方々からの声

公益社団法人日野市シルバー人材センター会員(K.O.様)

「東京大マラソン祭り2015 ボランティアに参加して」

 昨年に引き続き、東京大マラソン祭りに参加でき嬉しく思っております。

 当日は、雨模様の天気予報でしたが、晴天とはいかずとも、マラソン日和となり、沿道の観客にはやや寒さを感じたかと思いますが、私としては、防寒準備も万全に楽しく過ごすことができました。

 今回は、午後1時30分からの活動という事もあり、ランナー、イベント並びに観客と三様の姿を横目に見ながらの活動もまた異なった感覚で参加・活動する事が出来たとともに、祭りの醍醐味に感動しました。活動は9名(1名体調不良で急遽欠席)で特に問題なくスムーズに出来たものと感じております。

 今後も活動場所は異なると思いますが、それぞれの場所に沿った活動に心掛け、ボランティア活動を継続して行きたいと考えております。体力の続く限り、 「東京オリンピック、パラリンピック2020」を通過点として、参加して行くとともに、微力ながらシルバー人材センター会員のより多くの参加を呼びかけて行きたいと思っております。

 特に、今回のマラソンでは、優勝者は2時間6分台、日本人トップの今井選手は7分台、タレントの猫ひろしさんは30分切りが印象に残っております。

 最後に、東京大マラソンの役員、関係者の方々のご尽力に感謝いたします。

 

公益社団法人文京区シルバー人材センター会長(R.K.様)

「東京大マラソン祭り2015年に参加して」

 2月22日(日)若干小雨降る中、東京マラソンで約36,000人のランナーが都心を駆け抜ける傍ら、東京大マラソン祭りが実施され、文京区シルバー人材センターからも環境並びに沿道整理のため、12名が一ツ橋橋総合ビルに8時15分には集結し、その内6名が千代田ファーストビル西館に移動しました。

 2班に分かれて約3時間30分程のボランティア活動を実施致しました。この2地点はスタート時点より約6.5〜6.7Kmと近い所でもあったので、9時20分頃より三輪車走行より始まり9時30分頃には第一集団によるランナーが通過し始めました。以降約3時間30分程の間には老若男女の各ランナーが元気に明るく、且多くのパフォーマンスを感じさせる様子で通り過ぎて行きました。

 ここ数年、本マラソン祭りに参加させて戴いておりますが、本年度程警備の徹底した事はなく驚きを隠せませんでした。よって催し物会場等での出演メンバー並びにスタッフは大変動き易く、普段の実力以上のものが発揮出来たとの発言を多く聞きました。

 更に、本年のランナーは例年より外国人の参加者も多く見物者との「タッチ」も大変積極的になされ、楽しい雰囲気を見ることが出来ました。翌朝の新聞によれば日本人ランナーの男女ともそれぞれ好記録が出されたとの事、大変喜ばしく思います。これだけ大きなイベントは東京都としては珍しいこともあり、何かこのチャンスを活かして、さらに世界にアピールすることが出来ると思いますので、当事者、関係者とも是非企画して戴きたく存じます。

本当に成功お目でとうございました。

 

 

4 財団より、理事長、事務局長が視察のため、各地区を訪れました。

  今年も、財団の理事長、事務局長が、沿道のイベント会場やスポーツ体験会場、メイン会場を訪れました。

  スポーツ体験イベントでは、財団理事長は吹き矢を体験させていただきました。

  どの会場でも明るく元気に活動する会員さんの様子を拝見し、改めてシルバーの結束力を見た思いがしました。

   これからも、シルバーのボランティア活動にご注目ください。

 

スポーツ体験イベント会場で

スポーツ体験イベント会場でパンフレットを配布する会員さんとともに

(写真は江東区の会員さん)

同意書にサインをした後、リストバンドをつけていただきました。

(写真は江東区の会員さん)

 

 

 

  

 

          

 

 

 

八王子市シルバー人材センター清掃ボランティア

「カーブミラーボランティア事業」に777名の会員が参加!!

 平成24年5月25日から6月20日の27日間をかけて、八王子市内4,297本のカーブミラーの点検3,275本のカーブミラーの清掃を行いました。

 カーブミラーの点検&清掃は八王子市シルバー人材センターでは、初めての試みで準備段階でも予想できない事態が生じたりと戸惑いもありましたが、多くの会員の協力で乗り越えることができました。

 「地域班主体の取組」としてやってきた事業ですが、「配布班」の行動力に多大な協力を得て777名もの会員の参加で成功に終わりました。

 参加会員から「普段顔を合わすことがないけど、清掃チームで一緒に歩きながらいろいろな話ができて楽しかった」「また顔合わせる機会をつくろう!」などの声も多数聞かれました。

 今回のボランティアを通じてより会員の絆が強まった八王子市シルバー人材センターでした。

 次は「10月に八王子市役所本庁及び各事務所の植木剪定、除草清掃」のボランティアを計画中です!

 

  ちず     ミラー

 

カーブミラー清掃

 

 

ページの先頭へ戻る