安全宣言

東京都のすべてのシルバー人材センターは、「安全はすべてに優先する」との基本理念のもと、組織一丸となって、事故ゼロを目指す。

  • 1.危険または有害な作業を内容とする業務は発注しない
  • 1.事故の未然防止のために必要な知識・技能の情報を共有する
  • 1.事故の情報を分析し再発防止を徹底する

安全就業は、シルバー人材センターにとって最も重要な課題のひとつです。傷害事故や健康障害が起こらぬよう、役職員はもちろん全会員が一致して安全就業・健康管理及び交通安全の確保に努め、安全就業に取り組むことが大切です。

東京都シルバー人材センター連合では、会員の安全就業のため、研修・会議等のあらゆる機会を通じ、会員や職員の安全就業に対する意識の向上に取り組んでいます。

安全就業強化月間の設定(7月)

国の「全国安全週間」にあわせて、7月を「安全就業強化月間」と定め、安全就業対策の一層の推進を図るため、会議・研修の他、さまざまな取り組みを行っています。

シルバー人材センター安全就業読本の作成

都内シルバー人材センターの1年間の事故状況や安全就業の取組みなどをとりまとめています。

安全就業標語の募集及び安全就業啓発ポスターの作成

都内シルバー人材センター会員から安全就業標語の募集を行い、最優秀作品をもとにポスターを作成します。ポスターは、都内シルバー人材センター等に掲示し、安全就業への意識向上に努めています。

<令和4年度最優秀作品>

テーマ1:「交通事故防止」
「自転車も 車と同じ ルールあり」

(葛飾区シルバー人材センター会員作品)

テーマ2:「センターごとに設定したテーマ」
「大丈夫? わずかな段差 過信せず」

(港区シルバー人材センター会員作品)

令和4年度安全就業啓発ポスター

テーマ1

テーマ2

画像をクリックすると拡大画像を見ることができます。

安全就業啓発ちらしの配布

安全就業の意識啓発のために、都内全会員向けのチラシを作成しています。

画像をクリックすると拡大画像を見ることができます。

安全情報の共有

画像をクリックすると拡大画像を見ることができます。

令和3年度シルバー人材センター安全大会

東京都シルバー人材センター連合では、都内シルバー人材センターが上記安全就業強化月間中の取り組みを振り返り、さらなる安全就業の推進を図るために、毎年シルバー人材センター安全大会を開催しています。

令和3年度は開催せず、表彰状の発送をもって替えさせていただきました。

概要

  • 日時:令和3年9月30日(金) 13時30分~16時30分 ※開催せず
  • 場所:東京しごとセンター 地下二階 講堂 

内容

表彰センター

1 安全就業優良シルバー人材センター
  • 公益社団法人品川区シルバー人材センター
  • 公益社団法人清瀬市シルバー人材センター
2 安全就業標語
テーマ1「危険予知」
最優秀賞
  • 「安全確認 惜しむな 省くな 手を抜くな」
優秀賞
  • 「急いでる そんな時こそ おちついて」
  • 「思い込み 自信過剰が 事故のもと」
  • 「急ぐ時 その時こそが 要注意」
  • 「シルバーは 「ムリをしない」が 合言葉」
テーマ2「センターごとに設定したテーマ」
最優秀賞
  • 「日頃から 足腰鍛えて 転倒防止」
優秀賞
  • 「自転車は 加害者被害者 紙一重」
  • 「あなどるな 小さな段差が 事故招く」
  • 「手洗いを 習慣づけて 安心作業」
  • 「とりかかる 仕事の前に 一呼吸」

安全就業に関する事例発表

安全就業優良シルバー人材センター(2センター)※シルバーとうきょう誌面でご紹介しております。

  • 公益社団法人品川区シルバー人材センター
  • 公益社団法人清瀬市シルバー人材センター

講演

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、実施しませんでした。

安全・適正就業パトロール指導員の配置

東京都シルバー人材センター連合に安全パトロール指導員・適正就業指導員を配置し、都内シルバー人材センターを巡回し、安全・適正就業に関する指導・助言を行っています。